しろがね苑には、50人の仲間がいます。
  しろがね苑の入所定員は50名。(男性26名・女性24名)その他ショートステイ(男性2名・女性2名)にも対応しています。多くの仲間に囲まれていろいろな刺激を受け、基本的な社会常識や社交性を身につけていきます。
開 苑 日 平成3年9月1日
所 在 地  茨城県石岡市鹿の子4-16-52
入居者定員  50名(男性26名・女性24名)
他ショートステー4名
(男性2名・女性2名)
 

就労スキルもしっかり付けられます。
年間行事(しろがね苑・銀の笛)
季節ごとにいろいろ楽しいことが有ります
しろがね苑や銀の笛では、1月の成人式から12月のクリスマス会まで、年間を通じて様々なイベントを企画・実施しています。季節に合わせた新鮮な触れ合いを通じて、仲間がより親密に、毎日の暮らしがより楽しくな
ります。

 
 
 地域に密着したサービスを提供しています。
知的障害者通所授産施設(定員40名)として、きめ細やかな福祉サービスを提供しています。 
開 苑 日 平成3年9月1日
所 在 地  茨城県石岡市鹿の子4-16-52
入居者定員  50名(男性26名・女性24名)
他ショートステー4名
(男性2名・女性2名)
 

恵まれた環境の中で様々な作業を体験
銀の笛の特徴
 職場を提供し、個別の事情にも対応します
@ 「銀の笛」はひとつの”職場”です。働いてお給料をいただきながら職業トレーニングを行い、その後一般企業にも就職できます。
A いつからでも、何歳の方でも受け入れます。
B  いろいろなハンディーや事情をお持ちの方にも、それぞれ個別に対応しています。
  (例)
・高次脳機能障害(成人後に障害が出た方)
・発達障害(高機能自閉症)
・家庭内暴力、引きこもり、強い人見知り
 
 
 
 
■地域生活支援
家に居ながら支援サービスが受けられます。 
 ●ヘルパー派遣(居宅介護) 
 しろがね苑内に生活支援センター「ゆう」を開設し、身体介護・家事援助・移動介護サービスを提供。質の高い居宅支援を目指しています。
 生活支援センター「ゆう」専用車
 
 ●援助・介護(グループホーム・ケアホーム) 
世話人のサポートが安心のグループホーム、そして充実した支援とともに老後を支えるケアホームも併せて提供しています。
<グループホーム>体験入所ができます。(年間50日まで)
◎茨城県石岡市内 7か所
◎茨城県土浦市内 1か所
<ケアホーム>
◎茨城県石岡市内 1か所
 
 アパートや県営住宅等、環境や立地に配慮して選定。写真はグループホームひばり(県営住宅)
 
専門スタッフが様々なご相談に応じます。
 ●障害児・者地域療育等支援
障害者と家族の生活・福祉向上を目指し、専任のコーディネーターがさまざまな状況に応じた幅広いサポートを提供します。デイステーション銀の笛で実施。
 
 ●相談支援
白銀会では、下記のような支援事業について、石岡市・小美玉市・かすみがうら市など近隣の自治体から委託を受け、平成18年10月1日からしろがね苑で実施しています。
 @市町村が実施する知的障害者のための相談支援事業
 A移動支援事業
 B日中一時支援事業等
 

 
■後援会のご案内
 一人立ちを目指して頑張っている人たちを応援しましょう。
 
 ●支援の意義
障害を持っていても本人の努力、そして働く場と機会があれば充分に社会貢献ができます。 
          
白銀会は「労働して得た報酬で、自分の生活を作ってゆく」という考え方に基づき、就労に向けて支援を行っています。
          
みんなで支援することが障害を持つより多くの方々を経済的、精神的な自立へと導き、社会へと参加させることにつながります。
 
 後援会に参加してみませんか?(ボランティア募集中)
【目的】 本会は、社会福祉法人白銀会が運営する施設、および施設を利用する人たちに対し、側面から援助、支援することを通して、社会福祉の向上と、充実を目指すものである。 
【会員】 本会の会員は、その目的に賛同する人達をもって構成し、会費の納入をもって、会員の資格を有するものとする。
【会費】 本会の会費は、年間一口1万円とし、一口以上とする。
【会計】 本会の会計は、会費と寄付金をもってあてる。
【事務局】 本会の事務局は、白銀会に置く。
【役員】 本会には、次の役員を置く。
1.会員1名 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
【会員の特典】 本会の会員には、誕生日に社会福祉法人白銀会が運営するしろがね苑のオーガニック野菜を届けることとする。
 
 
《次へ》
 
《HOME》